不妊、体外受精と鍼灸、妊娠力アップ、AMH、三陰交

鍼と灸について

髪の毛ほどの鍼、ヨモギから作った灸を用いて、患部や
ツボに鍼を入れ、自律神経を整え、血行改善、自然治癒力
アップ、体質改善などを目的とします。

経絡とツボによる効果

お灸、ツボ、不妊、つわり、逆子、頭痛、腰痛

なぜ針灸治療は効果があるのでしょう。
それはツボに刺した針による刺激が自律神経系、免疫系などに作用して、緊張を緩和し血液やリンパ液の代謝を向上させることにより、自然治癒力をアップさせる働きがあるのではないかと考えられています。
また、鎮静効果が古来より認められていますが、その理由として、
・針の刺激が脊椎で痛みを抑えるゲートコントロール作用が起こる
・針刺激によって脳内に痛みを抑制するエンドルフィンが分泌される
・針の刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する
・ツボの刺激により痛覚閾値が上がるため、痛みを感じにくくなる
・筋肉の緊張が緩むため血液の循環が改善される

灸は、ツボや患部に熱刺激を与えるため、血行が良くなります。そのため、血液内の免疫物質を分泌されたり、造血作用が促進されたりして、身体の機能改善や抵抗力向上などに効果があります。

東洋医学による鍼灸の効果

つわり、不妊治療、妊婦ケア、逆子、ホルモン

鍼灸の極意は、“気”にある。
東洋医学の基本原則は「気の存在」から始まります。
気は目には見えないが、確かに存在する物質です。
ただ現在の科学では解明することができないということです。
解明はされていませんが、皆さんも感じたことがあるでしょう。
気配、気分、気持ちなどがまさに気そのものです。

気というのは「活動を表す」もので、気が少ない、気が流れない、気が多いという状況は病気であったり、病気の一歩手前です。
「病は気から」という言葉があるように気のトラブルが病気に始まりだと考えています。

その気をスムーズにすることこそが鍼灸治療となります。

Copyright(c) 2016 NOSVOS. All Rights Reserved.