不妊、体外受精と鍼灸、妊娠力アップ、AMH、三陰交

鍼と灸について

髪の毛ほどの鍼、ヨモギから作った灸を用いて、患部や
ツボに鍼を入れ、自律神経を整え、血行改善、自然治癒力
アップ、体質改善などを目的とします。

経絡とツボによる効果

お灸、ツボ、不妊、つわり、逆子、頭痛、腰痛

なぜ針灸治療は効果があるのでしょう?

それはツボに刺した針による刺激が自律神経系、免疫系などに作用して、緊張を緩和し血液やリンパ液の代謝を向上させることにより、自然治癒力をアップさせる働きがあるのではないかと考えられています。
また組織に針が到達することにより、白血球などが集まり、組織の再生、修復を促すことで新陳代謝のアップが期待できます。

さらに、副交感神経系に働きかけ、血管を拡張させ、血の巡りを改善し、内臓機能を促進させます。

その他、鎮静効果が古来より認められていますが、その理由として、
・針の刺激が脊椎で痛みを抑えるゲートコントロール作用が起こる
・針刺激によって脳内に痛みを抑制するエンドルフィンが分泌される
・針の刺激が末梢神経の痛みの信号を遮断する
・ツボの刺激により痛覚閾値が上がるため、痛みを感じにくくなる
・筋肉の緊張が緩むため血液の循環が改善される

灸は、ツボや患部に熱刺激を与えるため、血行が良くなります。そのため、血液内の免疫物質を分泌されたり、造血作用が促進されたりして、身体の機能改善や抵抗力向上などに効果があります。
また、ヒートプロテイン現象による組織の修復にも寄与します。

東洋医学による鍼灸の効果

つわり、不妊治療、妊婦ケア、逆子、ホルモン

鍼灸の極意は“気”にあると私は師から教わりました。
東洋医学の基本原則は「気の存在」から始まります。
気は目には見えないが、確かに存在する物質です。
ただ現在の科学では解明することができないということです。
解明はされていませんが、皆さんも感じたことがあるでしょう。
気配、気分、気持ちなどがまさに気そのものです。

気というのは「活動を表す」もので、気が少ない、気が流れない、気が多いという状況は病気であったり、病気の一歩手前です。
「病は気から」という言葉があるように気のトラブルが病気に始まりだと考えています。

その気をスムーズにすることこそが鍼灸治療の根底にあります。

漢方と鍼灸の違い

漢方、つわり、鍼灸、逆子、不妊

薬効作用と鍼灸刺激の違い。
そもそもなぜ東洋医学の治療方法に、漢方と鍼灸があるのでしょうか。
それはお互いに足りないものがあったからと考えるのが一般的です。
口から入り、腸内で吸収され、血液中に入り、作用する漢方薬。
皮膚からの刺激が脳へ届く、もしくは気血の流れが改善する鍼灸。
内側からか、外側からかというアプローチ方法が違います。
漢方は病院の薬、サプリ、食事と同じルートをたどります。
その点では作用が重複することもあるでしょう。
その点、鍼灸は重複しません。
皮膚からの刺激、皮下内、筋肉内に針や灸が侵入し、身体に多くの反応を引き起こします。
東洋医学の漢方と鍼灸は同じジャンルではありますが、同じではないのです。

使用する鍼や灸

当院で使用する鍼は使い捨て(ディスポーザブル)のタイプです。
一本一本、個包装されているもので、使用する直前に開封致します。
基本的な針は髪の毛ほどの細さですので、痛みはほとんどございません。
灸につきましては、筒状のものをタオル越しに置くタイプやかざすタイプのものを使用しておりますので、やけどの心配はありません。
お痛みや熱さなどは充分に配慮しておりますが、個人差がございますので不快感等ございましたら、お申し付けください。

使用する道具

針灸道具と併用してる道具についてご紹介します。
湿熱性マットの利用により、筋緊張の緩和、循環の改善、疼痛の軽減、組織の伸張性改善、精神的リラックスを目的として針灸の効果を増大させます。

低周波電気治療器と鍼の併用により、微弱な電流(低周波)を人体に通し、その刺激で筋肉を直接マッサージします。興奮した神経をしずめ、健康を促進し、コリによる痛みなどを自然に回復するように手助けします。

骨盤矯正機器を使用し、産後だけでなく、妊活中の方の骨盤矯正を行います。 腰周辺の筋肉のバランスを整え、左右差等をとった後にこちらの機器を使用し締めていきます。

SOT(仙骨後頭骨テクニック)によって頭蓋骨と仙骨までの背骨を調整し、全身調整をするカイロプラクティック治療に使用する三角形のブロックがあります。腰痛や坐骨神経痛などから自律神経へアプローチできます。

Copyright(c) 2016 NOSVOS. All Rights Reserved.