不妊、妊娠したい、中央区、港区、渋谷区、新宿区、卵子活性化

約70%の方が妊娠に至った実績を持つ治療院です。

月経周期にあわせた鍼灸治療をメインに総合的なアドバイスを行います。
革新的な技術とノウハウで卵子と子宮を活性化し、妊娠力を高めます。

鍼灸治療は不妊に効果的です。

不妊、加藤レディース、杉山 夢クリニック、両角レディースクリニック

妊娠とは、精子と卵子が出会い、しっかりとした子宮内膜に定着し、10ヶ月間持続することをいいます。
一見シンプルに思われるかもしれませんが、妊娠を実現するには母体の持つすべてが関わっています。
妊娠という目的には、卵巣と子宮、卵子、精子のより良い状態は当たり前ですが、それらを取り巻く全身の状態がもっとも重要となります。
特に血行は重要で、ホルモンも栄養もすべて血流に乗って流れていくからです。
足元の冷えやお腹の冷えは血行不良の合図かもしれません。
そこで血行を良くするために針灸マッサージはとても有効な手段です。鍼灸マッサージ治療は自律神経を整え、バランスを整えます。
不妊から抜け出すにはまず、体内環境を整えることが最優先であると考えます。

不妊クリニックと併用されている方が大勢います。

不妊治療は不妊専門のクリニックにて行うのが基本ですが、最近でははりきゅうや漢方などを取り入れる方が多くなってきました。
海外では、体外受精などに鍼灸など代替医療をプラスしていくことは珍しくはありませんが、まだまだ日本ではそこまで浸透していないかも知れません。
当院へいらしている患者様もほぼ不妊専門のクリニックに通っており、妊娠しやすい体作り、体質改善、妊娠率の向上などを目的として鍼灸院に通院されています。
当院と併用しているクリニックの一覧です。多いのはリプロダクション東京、両角レディースクリニック、加藤レディースクリニック、日本橋アートクリニック、杉山産婦人科でした。
加藤レディースクリニック、杉山産婦人科、両角レディースクリニック、夢クリニック、山王病院、木場公園クリニック、はるねクリニック、原メディカルクリニック、銀座ウイメンズクリニック、クリニックドゥランジュ、六本木レディースクリニック、銀座こうのとりレディースクリニック、銀座すずらん通りレディスクリニック、銀座こうのとりレディースクリニック、オーク銀座レディースクリニック、神奈川レディースクリニックなどに通われています。

卵子と精子の質について

不妊、卵子の質、精子の質、妊娠率、体外受精、妊娠したい

今話題の卵子の質。

妊娠をするにはとても重要なキーワードです。
不妊専門病院で体外受精をしているのに結果が出ない、特別検査に異常がないのに妊娠しない。
結果、原因は年齢で卵子の老化といわれた。
最近よくある話ですが、実はあまり根拠はありません。
老化に関しては計ることができませんので、消去法をすると卵子の老化になってしまうのです。
とはいえ老化は生命にとって自然の流れです。
時間とともに必ず卵子の老化はやってきますので、早めの対応が必要です。
卵子や精子はどのように作られるのかを理解することが重要です。
当院では、針灸治療だけでなく、妊活の食事、サプリ、運動など日常生活のアドバイスを徹底的に行い、より良い卵子や精子、ホルモンバランスを目指します。

ミトコンドリアと不妊、そして活性化

女性ホルモンを上げる、不妊、黄体機能不全、更年期、FSH、体外受精

妊活中の方は一度は耳にしたことがあるミトコンドリアが妊活には必要だという話。
小学生や中学生の理科でも学んだことのある細胞の中の一部であるミトコンドリア。
細胞小器官の一部に属します。
1つの細胞に数百個のミトコンドリアがあるといわれています。
ミトコンドリアは酸素を利用してエネルギーを作ることに大きく関わり、卵子や精子の老化を抑制する働きがあるということがわかってきました。
しかし、なんらかの理由でミトコンドリアが活動せず、休眠状態になると活性酸素の発生が増え、からだの細胞を老化させてしまいます。
ミトコンドリアには酸素を利用し、酸素を消耗しながらエネルギーを作り、水と二酸化炭素として体外に排泄する仕組みを持ちます。
結果、活性酸素の発生を妨げ、細胞の老化を防ぐ働きがあります。
ゆえに近年、老化と妊娠、そしてミトコンドリアは切っても切り離せない関係というわけです。

ミトコンドリアは細胞の一部であるため、何かを口から摂取しても自身の細胞の一部であるミトコンドリアと入れ替わることができません。
そこで休眠しているミトコンドリアの活性化をすることが肝心となります。
当院ではミトコンドリアの性質、細胞の構造を踏まえ、ミトコンドリアの活性を目指します。
活性酸素に負けない、効率の良いエネルギー産生ができるよう体質改善に力を注ぎます。

染色体異常への対策

遺伝子、卵子の質、精子の質、ホルモンバランス、妊娠したい、体外受精

染色体は細胞の核の中にあり、22対の常染色体と1対の性染色体からなります。
染色体はヒストンといわれるタンパク質にDNAが巻き付き、遺伝情報を持ちます。
親から唯一受け継ぐことのできるものがDNAであり、妊活においては、21トリソミーなどによる流産をはじめ、受精異常、着床異常などを引き起こすことが知られています。
排卵する一定数にいくつか染色体異常があると言われていますが、いつ、どのタイミングで染色体異常を持った卵子や精子がやってくるかは誰も予見することはできません。
不妊クリニックでは、存在する卵胞を取り、培養し、受精卵にして体内に戻すのが仕事で、存在しないものを作り出すことも、良質なものを取り出すこともできません。
卵子や精子は自分自身の一部であり、自分自身が作り出しているということを理解しなくてはなりません。
良質な卵子や精子を作り出すには確実な体質改善を行うことが重要であるということは至極当然であると考えます。
日々の生活習慣の見直しや妊活へ向けてどのような体質改善が必要かを常に考え、良質な卵子や精子を作り出せる身体を目指します。

Copyright(c) 2016 NOSVOS. All Rights Reserved.