男性不妊、精子の質、運動率、奇形率、精索静脈瘤、体温

精子の質を改善し、妊娠率を上げる!

妊活=女性と思われがちですが、男性の協力、男性の精子の質が良いことが
妊娠には必要不可欠です。
女性だけでなく、男性のお身体のケアも重要です。

男性も他人事ではない、妊娠率・流産率と精子

男性不妊、精索静脈瘤、不妊、運動率、精子の質、顕微授精 年齢とともに下がっていくのは妊娠率、それと反比例するように上がっていくのは流産率。
卵子の質の低下や卵子の老化などが言われ、女性の高齢妊娠・高齢出産のリスクは知られてきています。
しかし、男性も35歳を超えると高齢妊娠となり、受精能力は衰えていくばかりか、35歳以下の男性に比べると流産率は1.3倍になるというデータがあります。
最近では男性不妊の認識も少しずつ浸透してきており、早いうちから精液検査を受けるという世間の流れになってきているように思います。
男性の場合、射精が出来れば妊娠させる能力がある、精液の量が多いから大丈夫と考えているのは大きな間違いです。
精液中に精子が多いか少ないかは別の問題であり、精液検査でわかる数・運動率・奇形率等の目に見える部分に問題がないから精子の状態が良いというのも実は別の話です。

現在、原因不明の不妊症で悩まされている夫婦は多く存在し、不妊症で悩んでいる夫婦の70%は原因不明といわれています。
つまり妊娠に関して、わかっていることのほうがまだ少ないといわざるをえません。
検査に異常がなかった=健康=妊娠出来る
とはなりません。

精子が35歳を境に受精させる能力が減り、流産率が上がり、年齢に抗えない部分があります。
それを認めつつ今置かれている状態よりも更に良い状態へしなければなりません。
当院では、精子の性質も考慮し、積極的に男性不妊へアプローチしていきます。

不妊の原因として男性不妊が半分を占めます。妊娠するには精子力が絶対条件です。

女性ホルモンを上げる、不妊、黄体機能不全、更年期、FSH、体外受精

精子はとても繊細です。
最近では環境ホルモン、農薬、大気汚染、ストレス、高体温、食事の影響などによる機能の低下が確認されています。
1970年代から精子の研究が欧米を中心に活発となり、年々精子の質は落ちていっているとの研究結果が出ています。
しかし精子の質が落ちている原因の約6割は現在、解明されていない状況です。
そのため西洋医学的な治療が確立されていないのが現状です。
当院では、東洋医学的と西洋医学的の両面からの鍼灸マッサージ治療で男性不妊の治療を行っています。
お身体の状況を見極めるため、東洋医学的診察方法を駆使し、自律神経の評価などを行います。

東洋医学では精子の質は、腎、肝、脾が大いに関係します。

生殖機能向上 卵子の質、不妊、ホルモンバランス、妊娠したい、体外受精

東洋医学では「腎」の機能を成長や発育など身体の『根本的なエネルギー』を持っていると考えています。
古い書物でも男性不妊の原因を『腎が虚している』と断定しています。
つまり腎が弱っていることが不妊の原因であるということです。
また『肝』は血を保存し、体の巡りを調整すると考えているので、食事やストレス、疲労の影響を受けやすいという特徴を持っています。
さらに『脾』は食事からエネルギーを作り出し、全身を滋養するので精子に栄養が注がれなければ質の良い精子は作り出すことができません。
最近では、精子はストレスと疲労、栄養状態によって数や運動率にも影響が出ると言われているので、軽視すべきではありません。
当院は鍼灸マッサージだけでなく、最新の栄養学の知識や運動学も取り入れ、精子の質を改善していきます。

Copyright(c) 2016 NOSVOS. All Rights Reserved.