スーパーライザー、甲状腺機能異常、卵管因子、排卵障害、卵巣予備能低下

多くの方が妊娠に至っております(平均73%)。

月経周期、目的に応じた鍼灸治療、そして総合的な
アドバイスを行います。

こんな症状でお悩みはないですか?

性質の質、卵子の質

・検査では異常がないけど結果が出ない
・高齢と言われて話が終わる
・卵子が育たない
・空胞が続く
・内膜が薄い
・着床しない
・流産を繰り返す
・精神的につらい
・精子に問題がある
銀のすずでは、最短で結果が出るよう施術を組み立てます。

鍼灸治療は不妊に効果的です

子宮内膜症、卵巣チョコレート嚢胞、子宮腺筋症、腹腔内癒着

妊娠とは、精子と卵子が出会い、しっかりとした子宮内膜に定着し、10ヶ月間持続することをいいます。
一見シンプルに思われるかもしれませんが、妊娠を実現するには母体の持つすべてが関わっています。
妊娠という目標達成には、卵巣と子宮、卵子、精子のより良い状態は当たり前ですが、それらを取り巻く全身の状態がもっとも重要となります。
特に血流は重要で、ホルモンも栄養もすべて血流に乗って流れていくからです。
足元の冷えやお腹の冷えは血行不良の合図かもしれません。
血流を良くするために鍼灸マッサージはとても有効な手段です。
鍼灸マッサージ治療は自律神経を整え、血流、内臓機能を整えます。
不妊から抜け出すにはまず、体内環境を整えることが最優先であると考えます。

不妊治療はまだわからないことが多く、体外受精の成功率を30%だとすると、約70%は解明されていないと考えなくてはなりません。
この70%に対して、できることは「健康や妊活に悪いことはしない」、「健康や妊活に良いことをする」、この2点をしていくことが大切ではないでしょうか?
あるクリニックの医師が言っていましたが、「一般的な治療ではない方法をするのはいまだ解明されていないものへの保険だ」と言います。
可能な限り可能性を上げるための努力を否定するのではなく、挑戦するしかないのだと思います。

当院では、鍼灸やマッサージ、漢方などの東洋医学とサプリなどの栄養学、そして運動など現代医学を総合的に組み合わせて治療に当たります。
こちらもご参考に

スーパーライザー・広域変調波によるアプローチ

スーパーライザー、コアレ、近赤外線、広域変調波

直接偏光近赤外線治療器といわれ、身体の深部にまで到達し、治癒力を高める機器です。
多くの整形外科、ペインクリニック、眼科、美容クリニックなど多くの医療機関でも使用されています。
最近では、不妊治療のクリニックでも導入され、卵子や精子の質、着床時のサポートなどへの効果が期待されています。
当院では、鍼灸マッサージ治療に加え、スーパーライザーを併用することにより、妊娠へのサポートをしていきたいと考えています。
スーパーライザーの効果
1.皮膚・子宮の粘膜の若返り
2.筋肉の柔軟性の増加
3.疼痛・肩こり・腰痛・生理痛等々の疼痛緩和
4.生理不順の改善
5.30~40%増の脳血流量
6.血液やリンパ流の改善
7.子宮や卵巣の血流の改善による受精卵着床の改善
8.血管が新生する
9.ホルモンバランスの改善
10.神経の賦活化
11.卵管周囲の瘢痕の縮小軟化による絨毛運動の改善
12.抗アレルギー反応による受精卵の易着床と難流産
13.ミトコンドリアの増加による易妊孕性
14.採卵数の増加
15.受精卵の均等分割
16.(ART+LLLT)による妊娠率の上昇


広域変調波とは、低周波から高周波までの幅広い周波数を組み合わせることで、皮膚抵抗が少なく皮下15cmの通電を可能にした全く新しい波形です。
脂肪や筋肉の厚さに左右されないため、通常の運動では鍛えることが難しいインナーマッスルまでしっかりとアプローチします。
骨盤底筋まで電気信号が到達するため、深層血管へのアプローチができことで、卵巣や子宮の血流改善が期待できます。
また、男性で問題になる骨盤内の血流不全にアプローチできるため、熱がこもりにくくします。

2023年 銀のすず 治療成績

体外受精、不妊治療、加藤レディースクリニック


コメント
引き続き、体質改善プログラムを提案し、ある程度の期間に集中的に実施していただいています。
基本中の基本である食事や運動、サプリなど優先順位をつけ、行っていただいています。
約5か月間のプログラムを実施して良好な成績が出ております。
また、2023年は男性の来院数が多く、男性が積極的に治療を始めた兆しなのかもしれません。
しかし、保険診療が始まりましたが、やはり出生数は前年を下回りました。
これは何を意味するのでしょうか?
体外受精の実施数が増えているが、出産に至っていないのか、それとも若い世代が出産していないのか、よくわかりません。
人口動態を見て再度検討したいと思います。
多くの方が子供を抱けるよう、引き続き精一杯取り組んでいきたいと思います。

2022年 銀のすず 治療成績

着床率、体質改善、妊娠率


コメント
当院に来院した方のタイミング法、人工授精、移植(初期胚、胚盤胞)の治療結果です。
妊娠率は胎嚢確認とさせていただきました。
来院年齢は30~44歳が多く、なかでも30~39歳までが来院数の大半を占めており、来院時、すでに複数回の不妊治療を経験している方が約80%でした。
当院ではオリジナルの体質改善プログラム(鍼灸、栄養指導など)を実施していただいております。
30~39歳は平均4.52か月継続して体質改善プログラムを行い、妊娠率は67.8%でした。
2022年から保険診療が始まり、使える薬剤や診察回数などが変わり、従来の不妊治療から比べてしまうと制限も多くなりました。
しかし金銭的な負担が減ったため、多くの方が不妊治療を実施できるようになったことは素晴らしいことです。
不妊治療に制限がでたのであるならば、尚更ご自身の状態が重要になるため鍼灸治療を含む体質改善を積極的に行い、治療成績を上げていかなくてはなりません。
日本の不妊治療の問題点は先進国の中でも高齢であること、自然志向であること、男性の不妊治療への関わりが低いことなどが挙げられます。
男性は通院頻度はほぼありませんので、せめて体質改善プログラムを行うようお伝えしています。

2021年 銀のすず 治療成績

着床率、体質改善、妊娠率


コメント
不妊治療の助成金が所得制限なく利用できるようになり、今まで治療の足かせになっていた金銭問題が少し緩和されました。
来年からは保険が始まり、状況が変わりますが、それでも妊娠するにはご夫婦の卵子や精子、卵巣が重要であるのは変わりません。
ご自身の妊娠しやすい身体作りをすることが何よりも最短ルートであることは変わりません。
当院の体質改善プログラムを30~34歳は平均4.76か月、35~39歳平均は4.10か月、40歳以上は平均4.70か月継続しております。
結果、30~34歳は73.1%、35~39歳は62%、40歳以上は20.1%が妊娠に板っております。
全体の体質改善および卵巣、卵胞、卵子の質的改善が出来たのだと推測されます。
年齢とともに妊孕はが低下し、そのサポートとして鍼灸治療を初めとする体質改善は有効であると考えられます。
なお20代、45歳以上は件数が少なく、データとしては不十分なため参考程度にお考え下さい。
今後も良い結果が導けるよう精進いたします。

2020年 銀のすず 治療成績

着床率、体質改善、妊娠率


コメント
コロナ禍であっても、不妊治療をやめるわけには行きません。
ストレスも多いかと思いますが、皆様の努力が実ったのではないでしょうか?
当院のオリジナル体質改善プログラムはご夫婦で実践することができます。
女性は意識が高く、鍼灸やサプリ、運動など積極的に取り入れます。
男性とは温度差がありますが、どちらがかけても良い結果は導くことが困難です。
銀のすずでは積極的に男性へのアプローチも行っており、精子数や運動率の改善、さらには精子の質へアプローチが出来たと考察します。
また当院の近赤外線治療(スーパーライザー)の定期的照射も効果的であったと考えられます。
今後も良い結果が導けるよう精進いたします。

不妊クリニックと併用されている方が大勢います

不妊治療は不妊専門のクリニックにて行うのが基本ですが、最近では鍼灸や漢方などを取り入れる方が多くなってきました。
海外では、不妊治療に鍼灸など代替医療をプラスしていくことは珍しくはありませんが、まだまだ日本ではそこまで浸透していないかも知れません。
当院へご来院いただく患者様もほぼ不妊専門のクリニックに通っており、さらに妊娠しやすい体作り、体質改善、妊娠率の向上などを目的として鍼灸院に通院されています。
やるのとやらないのでは、結果に大きな違いがあるのは明白です。
当院の取り組みは不妊治療のクリニックの医師からもご賛同いただいております。
日本橋ナチュラルアートクリニックの寺元先生、両角レディースクリニックの両角先生、他の医師とともに間接的に自分たちの特徴を生かしつつ、患者さまに良い結果が出るように取り組んでおります。
当院と併用しているクリニックの一覧です。
多いのはリプロダクション東京、両角レディースクリニック、加藤レディースクリニック、日本橋アートクリニック、杉山産婦人科でした。

その他、新橋夢クリニック、ファティリティクリニック東京、山王病院、木場公園クリニック、峯レディースクリニック、陣内レディースクリニック、はるねクリニック、原メディカルクリニック、銀座ウイメンズクリニック、クリニックドゥランジュ、にしたんクリニック、梅が丘産婦人科、宮崎産婦人科、六本木レディースクリニック、銀座すずらん通りレディスクリニック、銀座こうのとりレディースクリニック、オーク銀座レディースクリニック、神奈川レディースクリニックなどに通われています。
こちらもご参考に

Copyright(c) 2016 ginnosuzu. All Rights Reserved.