中央区、渋谷 新宿、港区、不妊鍼灸整体マッサージ院

当院のこだわり

当院では、全身の血流状態とストレスによる体への負担状態を
くまなくチェックしたします。
少しでもストレスがない状態で不妊治療に臨んでいただきたいと思います。

東洋医学に西洋医学にケアを加えた不妊アプローチ

不妊治療は、タイミング法・人工受精・体外受精ですが、これに漢方薬・鍼灸などを取り入れ、自分の身体作りも意識した不妊アプローチをする方が増えています。

不妊には子宮や卵巣など構造や機能に問題があるケースだけでなく、原因がわからないケースも多々あります。
構造や機能に問題があれば、病院でのケアが適していますが、疲れやストレス、不安や怒りなどの精神面、食事、運動不足などからくる不調の場合は、病院ではカバーしにくい範囲といえます。
一方、東洋医学では、病気ではない体調不良や気分が優れない『未病』の状態に関して力を発揮します。

当院では、西洋医学による、子宮や卵巣、全身のホルモンバランス、血流、構造の仕組みから考える不妊アプローチに加え、東洋医学による五臓六腑や気血水バランスからも不妊にアプローチします。
西洋医学と東洋医学を融合し、不妊に対してのトータルケアを目指します。東洋医学による体内環境改善のための鍼灸やマッサージ、漢方等を駆使するとともに、食事や運動などの生活スタイルを見直し、さらには西洋医学的な分析、評価などを複合し、あなたに最も適したもの・必要なものをご提案いたします。

鍼灸による自律神経ホルモンバランス療法

AMH、人工受精、妊娠率、妊娠力、不妊

不妊治療にはホルモンの状態が重要です。
ホルモン分泌は自律神経系によってコントロールされ、自律神経系もまたホルモンによって調整を受けています。
ホルモン量を増やそうとするには投薬する必要がありますが、薬は有効である反面、負担が大きいということを知らなくてはなりません。
本来は自らの体から分泌されるべきホルモンが少ないと言うのであれば、自分自身の体を活性化することで、分泌量を増やすこともできるはずです。

生活習慣や年齢によって個人差はあるものの、ホルモン分泌と深い関わりのある自律神経系を整えることでホルモン分泌を活性化を目指します。

移植するタイミングにあわせた施術

鍼灸やマッサージ、整体が不妊に効果的であるとされているのは、鍼灸マッサージをしているグループと鍼灸マッサージをしていないグループで比較した際の着床率の違いです。
鍼灸マッサージで血流が変化し、子宮や全身環境の改善がみられたからではないでしょうか。
当院では可能であれば移植の前後で鍼灸マッサージ治療を行います。
移植前と移植後に治療を行うことで、さらに子宮環境が整い、妊娠率の向上のお手伝いができると考えます。

自分にあった食事で体内を健康にしましょう。

夢クリニック、人工受精、顕微受精、卵子の質、AMH

私たちの体は食事によって作られていると断言することができます。
食事によって作られるので、良いものを食べても、悪いものを食べても私たちの体の一部になるのです。
悪いものという判断はとても難しく、人に良くても、自分には悪いという場合もありますし、みんなに悪いものもあります。
最近、騒がれている炭水化物、トランス脂肪酸などは人としてあまり食べるべきものではないとされていますので、普段の食事で避けなくてはなりません。
特に、炭水化物に含まれる糖類やトランス脂肪酸は身体を『酸化』させ、細胞がどんどん死んでいきます。
その中には卵子や精子も含まれることもあるでしょう。
日常に当たり前にある食べ物が良いのか、悪いのか、自分には必要かどうかのアドバイスをさせていただきます。

ストレス度合いを知ることから始めましょう。

ストレスは自分ではあまり気がつかないことが多いものです。
男性に至ってはよくあることではないでしょうか?
現代社会においてストレスはもはや当たり前かもしれませんが、ストレスが身体に与える影響は計り知れません。
ストレスと一言で言っても、私たちの身の回りには考えている以上に溢れかえっています。
仕事や家庭、対人関係などの精神的ストレス、環境ホルモンや農薬、お酒やタバコ、食事、運動不足などの肉体的なストレスがあります。
激しいストレスでなければ急激に身体へ反応として出ることはそうそうありませんが、小さなストレスは身体に次第に積み重なっていきます。
ストレスは、自律神経の中の交感神経を刺激することがわかっており、血管を収縮させ、血流を悪くします。
また内臓への負担も多く、内臓の働きが悪くなってきます。
結果、その影響は生殖能力にも負担をかけ、ホルモンバランスが悪くなり、女性では卵巣機能や卵子の質、男性では性欲や精子の質にも影響を与えます。
今、自分のストレス度合いを知れば対策を取ることもできますが、知らなければ対策も何もありません。
そこで当院では、ストレスを理解していただけるように自律神経の状態を見極めます。
まずは、ご相談ください。

エントロピー測定(メタトロン)での客観的分析

ホルモン検査、卵管検査、鍼灸、銀のすず 杉山クリニック

メタトロンは人が本来持っている自己回復能力やホメオスタシス(恒常性)を維持するためにロシアのオムスク研究所で開発された次世代型の健康機器です。
非線形分析法(NLS[Non-linear]-technologies)により、全身の生体磁場エネルギー(波動)の情報を負担なく、短時間で抽出し、各部位のエネルギーの流れを読み取ることで、心身のバランスと健康状態を、再現性高く知ることができます。
さらに、どういう病気の可能性があるのかといった、健康を脅かしている原因(西洋医学的疾患)を類推することが可能です。
さらに、メタトロンでは分析だけでなく、アンバランス部分のエネルギー(波動)の調整(チューニング)を同時にできるのが大きな特徴でありメリットです。
日本でもまだほとんど導入されていない当研究所の「レッドドラゴン」バージョンは、西洋医学だけでなく、東洋医学的な分析が可能で、全身の経絡の状態までリアルタイムで評価できるので、その後の施術にもより効果的につなげてゆくことができます。

細胞間の情報の乱れは、私たちが意識しないところで起きています。
メタトロンでのリサーチは、東洋医学での経絡、体の深部・細部の状態、細かい血管の問題など、自覚症状がないリスクファクター="未病"を見つけるきっかけになることも期待できます。
"未病"を知ることは身体の弱点を知ること。不調の原因になりやすい箇所や特徴など、自分の身体の傾向を知ることができれば、その対策を考えることができます。
多種多様な健康法を選べる現代だからこそ、自分の状態に合わせてカスタマイズできることが大切です。メタトロンは健康管理だけでなく、生活習慣改善の有効なきっかけとしても使用できる健康機器です。
※メタトロンは医療機器ではなく、疾病の診断や治療を目的として使用するものではありません。

不妊カウンセリング

不妊カウンセラー 体外受精 加藤レディース、妊娠率

当院では、お一人おひとりの心身の状態、そして日常生活の過ごし方を知るためにカウンセリングを重視しています。
カウンセリングでは、東洋医学の特徴である四診と呼ばれる方法で、カラダに現れている現象や気血津液、五臓六腑、経絡、精神の状態を詳しく観察します。
さらにメタトロンによる全身の生体磁場エネルギー情報を測定し、心身のエネルギーバランスと健康状態を客観的に評価します。
また、超音波による血流観測や自律神経のバランスを確認し、評価します。
女性は月経周期があり、その月経周期によって心身はダイナミックな変化を起こします。その変化やタイミングこそが、妊娠するために必要な絶対条件です。
さまざまな角度から、身体の状態を判断し、治療方針を考え、最短時間で体質を改善し、妊娠しやすい身体作りの方法を提案します。

Copyright(c) 2016 NOSVOS. All Rights Reserved.